六本木オフィス

グリーグループは、2022年3月22日に本社および一部グループ会社のオフィスを六本木ヒルズゲートタワーへ移転しました。オフィスフロア4〜9階全てをグリーグループが使用し、スタイリッシュ&アーティスティックなオフィスとなっています。

六本木ヒルズゲートタワー
GREE創業時のサーバー

セントラルエリア(オープンスペース)

各フロアに入るとすぐにセントラルエリアがあり、お客さまとのミーティングも可能な広い会議室や1〜4人の少人数でも使いやすいブースが設けられています。

8~10人入る大きな会議室
少人数の打ち合わせ向けに適した個室ブース

また、随所にソファーや机が配置され、自動販売機に電子レンジ、ウォーターサーバーも完備されているので、社員同士の打ち合わせやランチ休憩などさまざまなシチュエーションで使用することができる空間です。

ソファー席

1~2人用スペース

社員同士の打ち合わせや集中したいとき、気分を変えて休憩したいときなど多種多様な用途で使用

種類豊富な自販機
電子レンジにウォーターサーバーも完備

執務スペース

セントラルエリアの左右は執務スペースとなります。グリーグループではフリーアドレスを採用。フラットで開放的な空間となっており、日々活発なコミュニケーションが生まれます。

セントラルエリアとの境目
フリーアドレスのためロッカーを配置

広々と開放的な執務スペースには27インチ4Kモニターを設置

ちょっとしたアイデア出しやコミュニケーションが気軽に行えるチームハートと呼ばれるオープンスペースも完備。

広々としたオープンスペース
各階それぞれ自社作品のパネルを装飾

アート

「従業員のためのオフィス」という新オフィスのテーマのもと、「クリエイティブな発想が生まれるよう空間もクリエイティブに」という想いから各階にアートが描かれています。フロアごとにキュレーションコンセプトを設け、6フロアで18名のアーティストにオフィスを彩っていただきました。

各階のキュレーションコンセプトとアート

4F:Manga Mutation

5F:Future Chaotic

6F:Backstreet Playground

7F:Street Cyber Punk

8F:Elegant Decay

9F:Refined Urban Styles

新宿オフィス

グリーグループの広告・メディア事業を担う5社は新宿オフィスになります。
執務室エリア内にはさまざまな形をしたテーブルと椅子の共有部があり、ちょっとした休憩やミーティングを行うことが可能です。

コワーキングスペース「Breakthrough Base」では、家具は全て可動式なので、食事や仕事、打ち合わせはもちろんのこと、インフルエンサーのmeet upやセミナーなどの大規模なイベントも開催することができます。