Supercell社との間の特許紛争について

グリー株式会社

Supercell社が公式Twitterアカウントおよび同社が運営するアプリ「クラッシュ・ロワイヤル」および「クラッシュ・オブ・クラン」内において発信している、同社と弊社の間の特許権侵害に関する紛争について、以下の通りご説明申し上げます。

弊社では、上記の2アプリを含めSupercell社が日本で配信中のゲームアプリにおいて、非常に多数の弊社保有特許を侵害している可能性があることを発見しました。2016年9月にSupercell社に対してその事実を伝えるとともに話し合いでの解決を提案いたしました。しかしながら、Supercell社は話し合いを拒否し、ゲームアプリの配信を継続したため、やむなく、上記特許のうち「クラッシュ・ロワイヤル」ならびに「クラッシュ・オブ・クラン」において使用されている十数件の特許の使用差止の仮処分を東京地方裁判所に申立て、損害賠償請求も順次提訴しております。

今般、Supercell社の判断で「クラッシュ・ロワイヤル」および「クラッシュ・オブ・クラン」の一部機能の停止がなされ、当該ゲームアプリのお客さまに不便が生じている点については、ゲーム会社である弊社としても大変残念に考えております。Supercell社が早期に弊社との話し合いに応じて両社間で適切な合意がなされ、事態が解決されることを切に願っております。

[2018年1月25日 追加]
Supercell社が2018年1月25日にゲーム内のお知らせで公表した内容に、弊社の理解と異なる内容が含まれているため補足いたします。

Supercell社の主張(原文ママ)
当初からグリー株式会社の担当者と話し合いを設けており、実際スーパーセルの経営陣がヘルシンキ(フィンランド)から東京に飛びグリー株式会社の担当と「公正かつ合理的、友好的な解決」を目指すため話し合いを行っておりました。しかし残念ながら、グリー株式会社との話し合いからは合理的な解決策を見出すことはできませんでした。

弊社の理解
弊社が2016年9月にSupercell社に弊社保有特許の侵害の可能性を伝えてから、2017年5月に東京地方裁判所に仮処分の申し立てを行うまで、弊社から話し合いを求め、和解案も示しましたが、Supercell社はこれを拒否し、和解のための対案を示すことも無かったため、やむなく申し立てを行いました。
なお、Supercell社の経営陣が来日し弊社と話し合いを行ったのは2017年12月下旬です。そこで初めてSupercell社から対案が示されましたが、合意に至ることはできませんでした。

本来2社間で話し合いの上、解決されることが望ましいと考えておりますので、引き続き対話による解決を目指してまいります。

GREEおよびGREEロゴは、グリー株式会社の登録商標です。その他のすべての商標は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

以上

本件に関するお問い合わせ先

プレスリリーストップ

最新のプレスリリース