グリー、保育者と家庭をつなぐ「スマートシッター」の提供を開始

家庭の育児支援と女性の雇用問題解決を目指す

グリー株式会社

グリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中良和)は、子会社であるスマートシッター株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:佐藤大介、以下「スマートシッター社」)を通じて、家庭と信頼できる保育者をつなぐ、居宅訪問型保育としての子育て支援サービス「スマートシッター(smartsitter)」を8月13日より正式に開始します。

スマートシッターは、家庭と保育者を顔が見える形でつなぎ、安心して託児依頼ができる仕組みを提供するサービスです。家庭と保育者のマッチング、託児依頼・予約管理、利用料の請求・支払い代行をITで効率化するとともに、保育者の本人確認を行って面談、研修受講を必須として利用者が信頼できる人材を育成し、評価を含む情報を公開することで、安心・安全な保育環境を実現します。また、利用者が、登録された保育者の詳細な情報を確認して、子供の性格や年齢、その他条件に合う人材を選択することを可能にし、よりスムーズな信頼関係の構築を支援します。さらに、東京海上日動火災保険株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:永野毅)が、スマートシッター利用者向け特別保険によって、安心を強化、サポートします。

近年、待機児童問題をはじめとした子育て・育児を支援する環境の整備や女性の労働環境について、国を挙げての検討が進められている一方で、保育の資格、経験を持ちながら、保育士として就労していない潜在保育士は全国で約60万人と言われています(※)。その根底にある保育士の待遇や厳しい労働条件といった課題を、スマートシッターは、保育者側が自らの時給や勤務可能時間を自由に設定し、多様で柔軟な働き方ができる環境を創出することで解決していきます。

スマートシッターは子育て・育児を支援する環境とともに、保育士をはじめとした人材市場を活性化するサービスを提供し、さまざまな保育関連施設や企業、公的機関などと連携することで、保育現場の課題解決を目指していきます。

「スマートシッター」サービス概念図

「スマートシッター」サイトイメージ画像

「スマートシッター」概要

サービス名 スマートシッター(smartsitter)
サービス開始日 2014年8月13日(水)
※ クローズドβ版は2014年6月27日(金)より開始
対応端末 パソコン、スマートフォン、タブレット
※ ご利用されている端末のOS、ブラウザのバージョンや設定によっては正しく表示されない場合があります
サイトURL https://smartsitter.jp
利用料金 ・家庭:無料(保育利用料は別。保育者や利用時間により異なります)
・保育者:月額登録料500円の他、保育利用料の25%を手数料としていただきます
対応言語 日本語
著作権表記 ©smartsitter

スマートシッター社では、大切なお子さまをお預かりするサービスだからこそ、家庭と保育者がともに安心して利用できる安全な環境の提供が最も重要だと考えています。そのため、保険会社、保育園をはじめ多くの方々や企業の協力を得て、企画、運営をしています。

協力企業からのコメント

東京海上日動火災保険株式会社

「スマートシッター」は、これまでのベビーシッター事業が抱えていた「当日までシッターさんの顔も素性もわからない」という利用者の不安を払拭することで、日本のダイバーシティの幅を大きく広げる革新的なサービスであり、日本の将来に向けた大きな可能性を感じます。ベビーシッター事業における「安心・安全」をより強固なものにし、安心して利用いただけるために、弊社もリスクマネジメントという面で「スマートシッター」を支援できることを光栄に思います。

株式会社みんなの保育園

子育て支援の1つとして急ピッチで整備が進められているのが保育園の増園です。ご存じの通り待機児童解消のために行政が力を入れている課題です。しかし子育て支援というのは、お子さまの預け先となる保育園を整備するだけではありません。子育てに悩む方々を支援するのも役割としてあります。 スマートシッターは見た目はベビーシッターのマッチングサイトですが、その中身は厳選した保育経験者のみを登録し、個々のニーズにあった子育て支援ができる画期的なサービスです。これからの新しい子育て支援の形としてスマートシッターが注目されるものと確信していると同時に、このサービスの運営に協力できることを保育事業者として誇りに思います。

合同会社こどもみらい探求社

「スマートシッター」は、大人だけでなく、子どもにとってもいい時間を過ごすことができるのが最大の特徴であり、保育者も家族の一員のように子どもの育ちに寄り添える新しい子育てサービスだと思います。そして、今までになかった新しい保育の形でもあり、子どもを取り巻くさまざまな問題をも解決し、子育てしやすい社会づくりにつながっていく可能性のあるとても素晴らしいサービスだと感じています。私たちも関わる機会を頂けたことを心から感謝し、よりよい未来づくりに貢献していきます。

※ 出典:内閣府「子ども・子育て支援新制度 説明会資料6 『女性が輝く日本』の実現に向けて(抜粋) 2014年6月4日」

GREEおよびGREEロゴは、日本および、またはその他の国におけるグリー株式会社の商標または登録商標です。その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

以上

本件に関するお問い合わせ先

プレスリリーストップ

最新のプレスリリース