Android分野におけるベンチャー企業を支援する投資ファンド「A-Fund」への出資について

KDDI株式会社
グリー株式会社
DCM

KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中 孝司、以下KDDI)およびグリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 良和、以下グリー)は、DCM(米国カリフォルニア州)が設立する、Android関連の周辺ビジネスを展開する有望なベンチャー企業を対象とした投資ファンド「A-Fund, L.P.」(予定運用総額:1億ドル、以下A-Fund)への出資について、2011年4月22日に、DCMと合意しました。本合意に基づき、KDDIおよびグリーは、今後、それぞれ総額25百万ドル(約20.5億円)(注)を出資する予定です。

「A-Fund」は、Androidに関連したアプリケーションやプラットフォーム、ハードウェアの開発、およびネットサービスなどを提供するベンチャー企業を対象とした、世界初のAndroid特化型ファンドです。全米でトップクラスのファンド運営実績を持つベンチャーファンドDCMがファンドの運営および投資実務を担当し、主に米国および中国、日本などのアジア地域において、Androidに関連した先進的なビジネスを展開する有望なベンチャー企業に事業を立ち上げる段階から投資し、企業の成長をサポートします。KDDIおよびグリーのほか、中国インターネット大手Tencentも出資を決めており、さらに今後、米国のグローバル企業も参加を予定しています。DCMおよび出資企業は、Androidに関連した様々な分野の更なる発展を促進します。

KDDIは、ファンドへの出資を通して、Androidに関連した事業を展開する有望なベンチャー企業の成長をサポートするとともに、今後の出資や提携等を視野に入れた関係構築を目指します。これらベンチャー企業の先進的なサービスやアプリケーションをお客さまに提供していくことで、KDDIのAndroid関連事業の拡大を図り、auのAndroid搭載スマートフォンやタブレットなどをより魅力的なデバイスとして活用いただけるように取り組んでいきます。

グリーは、Androidをはじめとするスマートフォン対応を、現在推進しているグローバル戦略の要と考えています。今回の出資により、スマートフォン市場の中で、今後最もシェアが高くなると見込まれているAndroid関連の有望なベンチャー企業の成長を支援し、市場をさらに盛り上げていきたいと考えています。その上で、「A-Fund」から出資を受けたソーシャルアプリ開発企業とのパートナーシップを強化し、「GREE Platform」および仕様を共通化した他のプラットフォームに対して、多彩なソーシャルアプリが提供されることを期待しています。

(注) 1米国ドルを82.0円で換算(2011年4月21日の為替レート)

※ 「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。

ファンド概要

ファンド名称 A-Fund, L.P.
新規投資期間 2016年12月までの最大5年間を予定
投資対象 米国、中国、日本などにおいて、Android™関連の事業(アプリケーション、プラットフォーム、ハードウェアの開発およびネットサービスの提供など)を展開するベンチャー企業に投資
運用総額 1億ドル(予定)
運営者 DCM
主な出資企業(※) KDDI(25百万ドル)、グリー(25百万ドル)、Tencent、その他グローバル企業

※ 2011年4月22日現在。

DCM概要

商号 DCM
設立年 1996年12月
所在地 2420 Sand Hill Rd. Suite #200, Menlo Park, CA 94025 USA
従業員数 約50名
事業内容 事業立上げ段階のベンチャー投資事業
GREEおよびGREEロゴは、グリー株式会社の登録商標です。その他のすべての商標は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

以上

本件に関するお問い合わせ先

プレスリリーストップ

最新のプレスリリース