働き方

遊びも仕事も真面目です! グリーグループのクラブ活動に垣間見た、何事にも真剣に取り組む心意気

グリー広報の入山です。 個人的な趣味として、週末は農家をしています(と言っても菜園をちょっと大きくしたくらいですが)。始めて3年経ちますが、なかなか満足がいくようなものは作れません。とは言え、一生懸命作った野菜は、スーパーで買うものとは全く違う味わいを醸し出してくれます。何事にも一生懸命関わってみると、普段とは違った体験ができるもの。今回の記事では、グリーのニつのクラブ活動(一つは非公式ですが)に参加して体験した、何事にも真面目に一生懸命取り組むグリーグループの人たちについてレポートします。

六本木ミニ四駆グランプリ

皆さんはミニ四駆と聞いて何を思い出しますか? 1980年代後半、コロコロコミックで連載された「ダッシュ!四駆郎」、90年中盤の「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」と20代後半から30代の人たちにとってはガンプラ同様にブームになった、四輪駆動の車のおもちゃです(と言うと怒る人もいそうですが)。昨年頃から第3次ブームと呼ばれ、子供時代にハマった大人たちが、自分の子供と一緒に親子で遊んでいる模様。グリーでも2016年11月に、一部の熱狂的な有志(最初の写真の村田)を中心に「ミニ四駆​部​」が公式クラブとして発足しました。

集まったミニ四駆の数々

この創部間もないミニ四駆部が、ちょっとしたきっかけから他社交流試合をしようと今年5月に開催したのが「六本木ミニ四駆グランプリ」です。SNSで呼びかけ、なんとゲーム業界の方を中心に、当初の想定を超える30社70名以上の方に参加いただきました。当日参加した人たちは真剣そのもの。

取締役でミニ四駆部顧問の前田の真剣な眼差し

グリーのセミナールームには巨大なコースが設営され、試験走行から予選、決勝戦と白熱したバトルが繰り広げられました。 このレースを企画した村田ですが、部活の仲間と話をしている内に、どうせやるなら有名人を呼んだり、賞品を出したりしたいねということになったそう。ミニ四駆で呼ぶなら・・・と思案し、当時絶大な人気を誇った元タミヤの前ちゃんこと前田靖幸氏に直談判しに行ったそうです。ご本人に快諾をいただけたことに加えて、コロコロコミック大人版のコロコロアニキから「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」の、こしたてつひろ先生直筆イラストとサイン入りミニ四駆を賞品として提供してもらうことになりました。

村田と前ちゃんのツーショット
グリーのセミナールームに巨大なコースが出現
賞品で用意されたミニ四駆の数々
「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」の、こしたてつひろ先生直筆イラストとサイン入りミニ四駆も提供いただきました
決勝戦のメンバー(グリーグループの人たちは残念ながら予選敗退T T)
最後はみんなで記念撮影

公式クラブには認定されなかったものの・・・

一方で、公式クラブには認定されなかったものの、一部の有志で活動している「FURO部」なるものもグリーにはあったりします。読んで字の如く、「風呂」を楽しむ部活動ですが、月に1回以上は活動があり、都心の銭湯を中心にさまざまなお風呂とコミュニケーションを楽しむ部活です(残念ながら公式クラブに申請したものの、アクティビティ性がないということで承認がおりなかったとか)。

いざ活動へ

創部のきっかけは、毎日新聞が主催する「富士山クリーンツアー」にグリーがCSR活動の一つとして協賛していた時。樹海のゴミなどを除去した後に地元の温泉で汗を流して、その後の一杯を飲みながら普段話したことがない社の仲間たちとコミュニケーションができたことがきっかけだったとのこと。

私もFURO部員ですが、何より風呂に入りながら会社のこととか一緒に行った仲間の人となりを聞くのが楽しい、勉強になる。ただ、1時間以上入れる先輩FURO部員と違って、私は30分でOUT。そのあたりまだ本気のFURO部員になれてないなと反省しました。 とは言え、風呂の後の一杯はもう本当に格別です(笑)。 そして、なぜか、風呂に入ったあとにビールを飲むと、会社の愚痴とか全く出てこないんですね。すごく前向きにみんなでイイ話ができるという新たな発見がありました。これ、皆さんオススメですよ。

お風呂後のコミュニケーションは最高です

本気で遊ぶ!

今回はニつの部活動を紹介しましたが、活動内容は違えども本気で遊ぶという意味ではどちらも一緒。今回、ミニ四駆の大会を主催した村田のコメントにその真意が込められています。

「大会を終えてみて、主催者である私自身が一番楽しんでいたと思います。ただし、仕事をしながら本気で遊ぶことの難しさも体感しました。我々はエンターテインメントサービスを提供している会社ですし、こういった大会を主催することでエンタメ文化を牽引していく義務を負っていると本気で思っています。周囲からもそれを期待されているので、今回はその期待に応えることができて本当に良かったです。」

仕事も遊びも本気で取り組む。その先に何があるかはそのとき次第ですが、何事にも真面目に本気で取り組むことで発見できるものはあるし、連帯できるものもあるなと。グリーのバリューに「人に、社会に、仕事にまじめ。」というものがありますが、遊びにも真面目なグリーの人たちがここにはいました。

以上

本件に関するお問い合わせ先

前の記事
次の記事
公式ブログトップ

おすすめの記事