事業のこと

シリコンバレーのVR/AR最新事情をお届け ~VR/AR Investors Meetup #1開催~

こんにちは、広報の山田です。

2月7日、グリーが昨年4月に立ち上げたGVR Fundが主催するVR/AR Investors Meetup #1が開催されましたので、イベントの様子と担当者の今後の意気込みをお届けします。

GVR Fundは、グリーの子会社であるGREE VR Capital, LLC. を通じて設立した、北米のVRスタートアップ企業を中心に支援する投資ファンドで、グリーの他、Colopl VR Fundさん、ミクシィさん、マルハンベンチャーパートナーズさんが出資者になっています。今回はイベント会場として、ミクシィさんのオフィスを使わせていただきました!

陽の光が差し込み、開放感のあるミクシィさんオフィス

今回のイベントは、GREE VR Capital, LLC. のCEOである筒井がシリコンバレーから来日し、北米の最新のVR/ARに関連する情報を届けようと企画されました。
当日は筒井の他に、Colopl VR Fund インベストメントマネージャーの井上裕太氏、 HTC Nippon株式会社にてVIVE事業責任者を務める西川美優氏、そして、世界初のVRファンド、Presence CapitalのパートナーであるAmitt Mahajan氏もお招きし、プレゼンテーションとパネルディスカッションが行われました。
平日の朝8時からという早い時間にも関わらず、約60名の方にお越しいただきました。

筒井、西川氏、井上氏のパネルディスカッション 自社の戦略などを中心に、2017年VR/AR業界予想が語られる
やりたいことが多すぎたので投資家になったと話すMahajan氏

今回のイベント企画・開催にあたり筒井は、「ゲストスピーカー集めに苦労したが、HTCというプラットフォーム側だけでなく、Colopl VR FundとPresence Capitalを呼べたのが大きかった」と話します。また、「告知から開催まで1週間程度と時間があまりなかった、かつ有料にも関わらず、たくさんの方にお申し込みをいただいたので、やはりシリコンバレーの生の情報をお届けするのは価値があるのだと感じた」と言います。
また、もう一人のGVR Fundメンバー古森は、今回来日することはできなかったのですが、今回のイベントの企画を中心となって進めてきました。とにかくお客様満足度にこだわったと話す古森は、「決して安くない金額を払って参加していただいているので、テーマ通りシリコンバレーのVR/AR事情を上手く伝えられるように徹底し、おかげさまで、アンケートの満足度も良い評価を得ることができた」と言います。事後アンケートに回答くださった方の全員が、また次回も参加したいと言ってもらえるイベントに設計できたことは、スピーカー集めから資料作成まで二人が最後まで徹底的にこだわり抜いた結果かと思います。

当日の内容は、インプレス社のVR Watchでも紹介されていますので、こちらをご覧ください。

最後に、GVR Fundの二人から、次回への意気込みを!

筒井 鉄平 筒井:GVR Fundの存在意義の一つとして、US含むグローバルのVR/AR領域で何が起こっているかを日本の業界関係者に共有し、間接的に日本でのVR/AR市場の立ち上がりに貢献する、というものがあるので、このような取り組みを継続したいと思います!

古森 泰 古森:日系でシリコンバレーでのVR/AR関連の活動をしているのは稀有な事業体だ思いますので、シリコンバレーで起きていることを日本の皆さまに伝えつつ、日本全体としてシリコンバレーに負けないように産業を盛り上げていけたらと考えています!

第2回のVR/AR Investors Meetupは、5月頃の開催を予定しています。

また、3月2日にサンフランシスコでも今回のイベントの短縮版を開催するので、お近くにお住まいの方、GDCでサンフランシスコを訪れるご予定の方は、是非お申し込みください!
お申し込みはこちらから(締め切り:2017年3月1日(PST) 早割チケットは完売しました)

以上

本件に関するお問い合わせ先

前の記事
次の記事
公式ブログトップ

おすすめの記事