CSR

新人広報、フジテレビ「ホウドウキョク」のスタジオへ潜入! ~グリー小木曽の番組出演に密着~

はじめまして、広報の山田です。2013年に新卒で入社してから約3年半が経ち、7月から広報チームに異動してきた新人広報です。どうぞよろしくお願いします!

今回は、弊社安心安全チームマネジャーの小木曽(おぎそ)が、フジテレビ「ホウドウキョク」で「大人向けのネットリテラシー」についてお話する機会をいただきましたので、私も一緒にスタジオにお邪魔してきました!

実は、私の広報異動初日の仕事は、小木曽の出張授業をフジテレビ「みんなのニュース」に取材していただく、という貴重な機会だったので、小木曽とフジテレビ本社を訪問できるのを楽しみにしていました。

この日は直前まで都内各所で停電が起きており、フジテレビ社内は大忙し。リアルタイムで最新情報を共有し合いながら、視聴者に伝えていくスタッフの皆さんの結束力とスピード感がとてもかっこよかったです。
それと同時に、小木曽の出演コーナーは配信できるのか?と直前までドキドキしていました。

無事停電が落ち着き、スタジオの中へ!

小木曽は、全国の学校などで、「正しく怖がるインターネット」という情報モラル講演を年間300回以上行っているのですが、講演依頼は年間2000件以上!お断りする案件の方が多いので申し訳ないのですが、それだけの依頼をいただけるのは大変有り難く思っています。

そんな小木曽のWeb連載、東洋経済オンライン「インターネット、正しく怖がろう!」の記事「死んだ時、SNSやPCのデータはどうなるのか」をホウドウキョクのシニアコメンテーター鈴木さんが読んで下さり、「教育のキモ」コーナーで、「育児とインターネット」と「死後のSNSアカウント・PCデータ」についてお話させていただくことになったのです。

生放送にやや緊張気味の小木曽

まず、育児とネット。(参考記事:子育て「スマホ悪玉論」は何がおかしいのか
「授乳中にスマホを見ていると、赤ちゃんが、言葉も話さない、感受性も低い、親にも愛情を感じない人間に育ってしまう」
「授乳の時に赤ちゃんの目を見てあげないと、母親の顔も覚えないし、好かれない」
という話がありますが、「そもそも赤ちゃんがまだ授乳に慣れていない時期は、目じゃなくて「顔色」を見なきゃダメなんです。」と小木曽。スマホをしながらの授乳が良いというわけではないが、「スマホが悪」なのではなく、「赤ちゃんの顔色を見る」という本質を間違えないことが重要と語ります。

続いて、死後のSNSアカウント・PCデータについて。(参考記事:死んだ時、SNSやPCのデータはどうなるのか
Facebookでは、遺族からの申告をもってアカウントを削除する設定ができる他、友達や家族などを 「追悼アカウント管理人」に設定すれば、本人が亡くなったことを知らせる投稿などができるようになります。
また、PCのハードディスクにある情報については、一定期間アクセスがないと自動削除してくれるフリーソフトなどを紹介しました。
スタジオの鈴木さん、西山アナも初耳、かつ、身近な話が多かったようで、特に鈴木さんはたくさんメモを取られていました。

放送終了後、フジテレビ本社の前で記念に一枚!

小木曽への取材は、特に今年に入ってからたくさんいただくようになりましたが、講演を始めてから約4年、地道な全国での活動があっての今だなと感じています。
信念を持ってコツコツ続けることが次につながっていくのかなと思いました。
広報ブログもこれから毎週更新していく予定なので、よろしくお願いします!

■関連記事
インターネット、正しく怖がろう!@東洋経済オンライン
 隔週で小木曽のコラムを掲載しています。

ネット炎上、1枚の写真で伝える防止法 年300回講演、プロの教え@withnews
 小木曽の講演内容をわかりやく書き起こしていただいた記事です。

以上

本件に関するお問い合わせ先

前の記事
次の記事
公式ブログトップ

おすすめの記事