働き方

受賞すれば自分の3Dフィギュアがもらえる!? グリーのMVPについてご紹介します

こんにちは! グリー広報の早川です。

グリーには、最も活躍した社員を表彰するMVP表彰制度があります。周囲の期待を越えて成果を出し、さらにグリーの行動規範(バリュー)を体現しロールモデルとなる社員をみんなでたたえるという目的のもとMVP表彰を行っています。MVPには個人賞とプロジェクト賞があり、半期に一度発表されます。MVP受賞者は、社員全員が参加する社員総会で、社長から表彰を受けるのに加えて、賞金と副賞が授与されます。この数年、副賞は、A0サイズのポスターを作製し、社内で掲示するということが通例となっています。このポスターのデザインは、掲載されて「うれしい」「かっこいい」と誰もが思えるように、当初からこだわって作っています。今回は、このMVPポスターをその変遷とともに紹介します。

2016年度上半期版
2015年度下半期版

これらのポスターは、一見普通に受賞者を撮影した写真のように見えるかもしれませんが、実は、受賞者一人ひとりを3Dスキャナーでスキャンし18cm程度の3Dフィギュアを製作し、それを写真撮影したものです。

こちらの写真を見れば、3Dフィギュアであることがお分かりいただけると思います。

直近2回は、3Dフィギュアを使ったポスターですが、その前も毎回テーマを決めてポスターを作製してきました。

2014年度下半期版

モノトーンの衣装を用意して、撮影したナチュラル風のMVPポスターです。撮影をディレクションした社員によると、受賞者は着慣れない服、撮影現場の中で緊張していたので、自然な笑顔を引き出すのに苦労したそうです。何枚も撮影しているうちに緊張がほぐれていくものの、中には300枚ほど撮影した受賞者もいたようです。

なお、このポスターは、社内で一定期間掲示された後、MVP受賞者が自宅などに送付することができます。中には、実家に送る受賞者もいて、自分の子どもが会社で大活躍している姿を知ることができたとして、親御さんにも大好評です。

実家に掲載されたポスター

続いて紹介するのは、雑誌の表紙風です。なお、撮影現場では、スタッフが非常に多くいる中で、カッコいい表情をすることに照れている社員が多かったようです。

2014年度上半期版

グリーでは、社員の行動規範として五つのバリューを定めています。これには、「グリーの成長を支えてきた行動規範・価値観」を表すエピソードが凝縮されており、MVP受賞者を選ぶ際の基準にもなっています。

そのバリューの一つに「一流の仲間を集め一流のチームを作る。」というものがあります。一流の仲間と一緒に一流のチームとして働くためには、一流の社員をたたえ、どのような理由で選ばれたかということを社員全員で共有することは重要です。そのツールとしてMVPポスターは、大きな役割を果たしています。

<おまけ>

最後までお読みいただきありがとうございます。最後に、3Dフィギュアの制作プロセスとして、3Dスキャンをしているところの写真をお見せします。スキャニングを行う3分程度は動いけてはいけないため、撮影される側は大変だったようです。

以上

本件に関するお問い合わせ先

前の記事
次の記事
公式ブログトップ

おすすめの記事