GREEにおいて、特に青少年保護の観点から、年齢認証の確実性向上、不正利用防止に向けた様々な取り組みを行っています。

利用者の年齢認証の確実性向上に向けた取り組み

携帯端末認証

  • GREEの新規登録時において、携帯電話端末認証を実施し、違反ユーザーの再登録を防止

携帯フィルタリングサービスの加入識別

  • 18歳未満の携帯電話利用者に義務付けられている、携帯フィルタリングサービスの加入状況を識別
  • 特定分類アクセス制限方式(いわゆるブラックリスト方式)の携帯フィルタリングサービスにおいて、アクセス制限カテゴリに分類されるサイトを開設し、そのサイトの表示状況からフィルタリングの加入状況を識別

キャリア保有の年齢情報の活用

  • KDDIが保有する年齢情報を活用した年齢認証システムを2011年1月に導入
  • ソフトバンクモバイルが提供する年齢情報の「GREE」における活用を2011年11月より開始
  • より正確な利用者年齢を把握するために、そのほかの携帯キャリアについても、年齢認証システムの導入に向けて協議を実施

その他のコンテンツ